上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新弾発売直後は身内で集まって恒例のカラオケ兼バトスピ大会を行っているのでその結果とデッキレシピのまとめでも。
(ちょっと色が似通ってて分かりにくいけど、デッキ名をクリックして貰えればバトスピ部のマイデッキにリンクしてるのでレシピが見れます)

1位裁鬼さん(5勝1敗)
使用デッキ爆裂強打の型(01サジット)
「コメント」
環境上位の炎魔神ゼクスが2人いる中堂々の1位に。
キシューやイチバンスピアーが超装甲赤を持っているため壁として出されると動きにくいですが、序盤のテンポアドの強さは異常。ガーネットは余裕で焼けるので後続の小型の攻撃が通りやすいです。
デッキを極めるという事でずっとサジット使い続けてる姿勢は個人的に尊敬しています。

2位T太(4勝2敗)
使用デッキ起導ツルコン
「コメント」
強みはツルや久遠による圧倒的な手札確保とシンフォニックとアブゼロによる耐性持ち以外の確実な攻撃カット能力。
そして攻撃についてはツルのアンブロ効果でのワンショットと攻防一体のデッキと言えます。
ちなみに所持パーツ0からこのデッキを組むとすると資産が大量に必要なので身内内では成金デッキと呼んでいます。
可愛い女の子がたくさんいるのにやっていることはゾンビなんだよな…。

同率3位むー(3勝3敗)
使用デッキ赤と緑の炎魔(炎魔神入りの赤緑)
「コメント」
ケイローンが抜けて代わりにRエイプウィップ入りの赤緑。後攻1ターン目Rエイプ→ローゼンで異常なほどコアが増えます。
この展開だと赤シンボルが無いので連鎖に繋がりにくいのがちょっと難点。
新しく入った炎魔神はローゼンのBP上昇効果と合わせるとほとんどのカードが焼けるんじゃないかな。

同率3位マキノ(3勝3敗)
使用デッキ僕の愛犬は凶暴ですよ―ソウルドラゴンの型―(炎魔神ゼクス)
「コメント」
元は某非公認で上位を独占した炎魔神ゼクスを自分用にチューニングした形とこのと。
こっちの地元では未だにサジットやダゴンがそこそこいるのでそれを意識してのキシューと不意打ちで2点取れるソウルドラゴンノ型の採用が光ります。
ゼクスが3枚だぶって事故を起こしてたりと珍光景が無ければ勝率もうちょっと高かったんじゃないかな。

同率4位ナエモリ(2勝4敗)
使用デッキ炎魔神ゼクス
「コメント」
裁鬼さんが研究用に作った某非公認優勝と全く同じデッキを借りて参戦。
結果はなんとも言えない感じになってますが…。
本人のスキルは悪くないはずなので自分で作った手馴れたデッキを使う方が良いということか、集まった身内のデッキがマニアックなのかどっちでしょうね?

同率4位イリエさん(2勝4敗)
使用デッキ青みど(Uダゴン、Uシードラ)
「コメント」
従来の青緑というよりは神速で防御面を固めたUシードラ入りのダゴンといった風情。
メイン戦術はデッキ破壊よりもシードラやダゴンの早だしによるビートダウン。
もともとは友人に教えられて作ったのが地元で広まってしまったデッキです。
1枚入りのグリードサンダーが良い味出してます。

同率4位レオン
使用デッキ炎獅子(赤緑ストライクヴルムレオ)
「コメント」
何を血迷ったか昔懐かしの獅子座を使ったデッキ。
この時直前に調整をしていたせいで各種採用カードの枚数とか凄くメチャクチャになっております。
意外とレオの召喚は決まるし、重装甲のおかげで生き残ったりと良い仕事はしてくれました。
ハイライトは光り輝く大銀河の効果で北斗捨ててバンプしたガーネットで攻撃を凌いだところ。
…次回はもう少し真面目にします。
スポンサーサイト
今年からぬっしーに代わりカラオケ兼、身内のバトスピ大会の幹事をやることになりました。
今回はその一回目ということで参加人数9人でやったレシピと各人の結果の掲載を。

※2人の順位が同率の場合は直接対決で勝ってる方を上位に。同率が3人以上の場合は厳正なじゃんけんの結果で順位を決めてます。

1位ぬしがみ 6勝2敗
http://club.battlespirits.com/bsclub/mydeck/decksrc/201601/11454248731167_20160131.html
新弾のカードを取り入れた忍風デッキ。どちらかと言えば剣獣寄せかな?

2位む~ 5勝3敗
http://club.battlespirits.com/bsclub/mydeck/decksrc/201601/11454249579216_20160131.html
赤緑の起動コン。マウンテンシェイプの軽減は凄かった!

3位ナエモリ 5勝3敗
http://club.battlespirits.com/bsclub/mydeck/decksrc/201601/11454249835858_20160131.html
トップメタの一角の青緑。フル投入のゾウムがいい味出してます。

4位レオン 5勝3敗
http://club.battlespirits.com/bsclub/mydeck/decksrc/201602/11454276410174_20160201.html
前鬼、後鬼のデッキ。なお実際に活躍したのは紫煙獅子から出てくるトリスタンだった模様…。

5位アリ 4勝4敗
http://club.battlespirits.com/bsclub/mydeck/decksrc/201602/11454324052802_20160201.html
こちらも新弾のカードを取り入れた忍風。
起動に寄せていて先攻3コストでコアブ→5コストスピリットへと綺麗に繋げることを意識したそうな。

6位ジョーカー 4勝4敗
http://club.battlespirits.com/bsclub/mydeck/decksrc/201602/11454324403473_20160201.html
ソウルドラゴンは意外と種類が多いことに気づかされるデッキ。焔の登場が待ち遠しいね!

7位センチ 3勝5敗
http://club.battlespirits.com/bsclub/mydeck/decksrc/201602/11454324734303_20160201.html
CSでも結果を残している次代のデッキ。天火避けれるゾディアックソードにコアブされて辛かった。

8位T太 2勝6敗
http://club.battlespirits.com/bsclub/mydeck/decksrc/201602/11454324957870_20160201.html
こちらも青緑のデッキ。デッキタイプ同じでもやっぱり人によって構築は変わってきますね。
氷盾で耐久からのUシードラの嫌らしさが半端ない。

9位裁鬼 1勝7敗
http://club.battlespirits.com/bsclub/mydeck/decksrc/201602/11454325225558_20160201.html
Uムゲンにレオンランサーを投入したスタイル。ちゃっかりUエナジーの恩恵受けれるのはズルイ。

感想
新弾販売直後なだけあって新規カードを使った構築が多くて楽しかった。
既存デッキも洗練された動きが綺麗で飽きないものです。

たまには皆でカラオケで歌いながらバトスピってのも悪くないね。
…ただ9人分のレシピ打ち込むの結構疲れた。
ぬっしーの苦労が少し分かります。
参加場所:ブックマーケット広店
使用デッキ:月光(招雷)
デッキ名は最近呼んだラノベの技から「相手の妨害をものともせずに切り抜ける」という意思を込めて

1回戦 赤バーストコン ○
バースト牛で盤面更地にされるもアグニアスで対抗して牛除去。
次ターンでミツルギ獅子王でアグニアスも破壊されるがライフを1まで削っていたのでドロソでバディを探してそのまま攻撃で勝利

2回戦 白紫 ぬっしー ○
場にはBP3000のバディあるけど招雷先がセーファスのみ。相手の場にはスカルガルダが…。
悩んだ末にブロックしてくれるのに賭けてバーストセットで突貫。
バースト使わせる意図でブロックしてくれたのでそのままクラウディウスまでつなげて勝利。

3回戦 赤バーストコン やまぐち ○
バーストでグリードサンダーをセットすることで相手の展開を抑制してクラウディウスでアドを取りながら攻める。
1度盤面消されてイーブンになったけど無理矢理ごり押しして勝利。

決勝戦 ツル T中 ○
相手がカウンターカード握ってなかったようで先攻2ターン目で招雷決めて勝利

結果 優勝

続いて非公認あったので参加
1回戦 青緑  T中 ×
手の内完全にばれてるからすり潰しからの高速でゾウム展開…。
マジックでデッキ掘ってUレーヴェンを探すために1ターン時間を渡すとナナフシと合体されて為すすべ無い状況に。
仕方なくクラウディウスで突貫するもゾウムで疲労させられて返しシードラで敗北。
なんか手の平の上で踊らされてるようなゲームだったなぁ。

結果 圏外

存外に招雷は回してみて楽しかったですね。
最初はゴードンからぶん殴る形だったけどどうしても安定しないのでツイッターで他の人のレシピ参考にしながら到達したのが今の形。

MBPはやっぱりアグニアスかな。クラウディウスで牛踏んだ後に沸いてきてスイランホークで2点とったり、シノビオウでアタッカー寝かされたとこを不意打ちで除去してテンポ奪ったりと凄く仕事してくれました。
最近は涼しくなってきたけど、なぜか夜が寝付きにくい今日この頃。
朝の3時起床とか馬鹿じゃなかろうか…、だからと言って一回起きると寝付けない体質なので暇つぶしがてらブログの更新。

今日の話題は紫速攻におけるネクサス割の枠についての比較。
今までは紫の対ネクサスといえばボーントプスでしたが最近はラショウにお株を奪われがち。
なので今回はラショウとボーントプスについての比較をしてきたいと思います。

○ボーントプス
★メリット
・ネクロブライトの対象圏内
・無魔であるため摩天楼の影響を受けれる
・先攻で召喚できるため、事故率の軽減になる

☆デメリット
・赤シンボルの用意が必要
・召喚時を封じられると除去できない。
・重力炉の影響を受ける

○ラショウ
★メリット
・紫では数少ない召喚時に手札2枚を補充効果(通常は一枚が大半)
・トラッシュを肥やせる
・召喚時を封じられてもネクサス除去は可能
・場に残れば永続的に効果が利用できる
・オブザデッドの対象圏内
・複数のネクサス除去が可能

☆デメリット
・後攻1でネクサスを割る場合は0コスト2体の生贄が必要
・ソウルコアをコストとする必要がある
・ネクサスにコアを2個以上キープされると除去はできない

個人的にはボーントプス押しなんですが、なんか書いてる内にそりゃラショウになるわって感じな中身に…。
纏めるとラショウの良さは単体で活躍できるかつトラッシュ肥やし、ボーントプスは他のカードとシナジーさせることによって強くなる点とコストの軽さによる小回りが効くところかな。

金銀いれたりトラッシュ利用を中心ならラショウ、無魔によせるならボーントプスといった感じでデッキにあわせた構築をしていきたい所ですね。

という訳で今日の記事はここまで。閲覧ありがとうございました!
前回の記事から3ヶ月ぶりの更新。
今度から真面目に更新しますと言ってもどうせ続かないので気が向いたらちまちま更新していくスタイルで。
(そもそも、いつも思うけど見てくれてる人いるんじゃろうか?)

更新が滞ってる理由がツイッターやっててそっちの方でブログで書きたいこと言ってネタ使いきってるから…。
そんでもって久々に更新した理由もツイッター絡みでブログ見てますっていうコメント貰ったから。
決してブログの存在忘れてた訳じゃないから(汗)

今日はデッキ構築のお話。
タイトルがちょっとおかしいのは仕様です。好きなラノベにあやかっているので「○○─或いは、○○の事」で統一して行きます。

カードゲームを行う上で必要なのが「デッキ構築」、「プレイング」、「引き運」の3つ。
「引き運」はプレイヤーの天性のものある意味これが強い人が結果残せるんでしょうね。
「プレイング」はある程度慣れてくれば来たカードと盤面の最適回を照らし合わせて行けば誰でもできるようになるもの。

プレイングは一定ラインに達すると差が開かなくなり、引き運はそもそも磨きようがないとなれば他の人と差をつけるのは最後の「デッキ構築」になります。

そこで重要なのが自分の主観を大事にしようってこと。
普通は客観的にみた最適を選択した方が良いと思われそうですが、それだけではない。

例えば、同じカテゴリーのデッキを作る場合でも「速度」「安定性」「爆発力」などのどれに寄せるかで構築が変わってきますし、自分のプレイスタイルに合わせた方が勝率は高くなります。

これらの要素はどうやって判断するの?ってなった時に他人が線引きした定石(客観性)じゃなくて自分がこうしたいという意思(主観)が大事になる訳です。

使いなれたデッキになって来ると感覚で分かる人もいるけど、初めての場合は戸惑うもの。
そんな時はどうするの?
①まずは大会の結果で上位のレシピを資料として複数調べる
②資料の傾向から採用率の高いカードでデッキを組む(3×13+1か3×12+2×2が理想)
③ひたすら②のデッキを回す
④そうすると自分にあった形(必要、不要のカード)が見えてくる
⑤過剰に来るカードや事故要員の枚数を減らして、必要なカードの枚数を増やす
⑥再びバトル
⑦④~⑥の繰り返し

これを繰り返してると多分テンプレから枠が少しずれて来るしその点で他の人から意見をもらうかもしれないけど、その場合でも自分の使いやすい形にすることが大事です。(但し、検証した上で必要と判断すればきちんと相手の意見も聞くこと。)

時々、初めて使うデッキなのに上位者のピン積みカードまで真似して完コピする人がいるけどあれはあんまり好きじゃない。

その枠はその人が独自の思考で見つけ出したオリジナルであり、あなたのデッキの味を出すための貴重な枠だからそのデッキを本当の意味で自分のものにしたいなら気軽に手をだすべきじゃないんですよね。(採用の意図がはっきり理解できている場合やたんなるスパーリング目的ならいいんですけど…)

という訳で今日の記事はここまで。閲覧ありがとうございました!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。