上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
westernさんから要望があったので自分が使ってる尖塔コンについての語りでも。
まずは、最新版のレシピから。

スピリット10
道化姫トリックスター1
オライオン2
ヴィエルジェ3
放浪者ロロ3
トリスタン1

ブレイヴ5
フェニックソード1
ウスバハヤテ1
サンダーバード3

マジック20
ハイエリクサー1
三段突き2
ドリームチェスト1
フレイムスパーク1
サジッタフレイム1
氷盾3
アルティメットウォール1
双翼乱舞3
リバイヴドロー2
救世2
ブレイヴデストラクション1
ストロング2

ネクサス5
五角形の砦2
侵食されゆく尖塔3

○コンセプト
相手のスピリットをひたすらマジックで除去orヴィエルジェのライフ回復で耐えて最期はオライオンでのデッキ破壊を狙います。相手次第ではヴィエルジェの耐性に頼ってライフを削りにいく場合もありますがそれについては後述。
遅延系のデッキに多く見られる’相手の行動を阻害する’というよりは’相手に打たせる’というスタイルになっています。

○青龍杯からの変更点
青龍杯の時はデッキ破壊ではなくデッドエンドフィールドでデッキ破壊を封じてアルティメットでライフを削りきる構築にしていました。しかし、アルティメットが登場してから殴るデッキが増えてきたため路線を変更してデッキ破壊にしています。

よくアルティメット入れないの?って言われますが召喚条件のもとがロロしかおらず事故率を極力さけるために不採用としています。

また、最近はアルデウスのコア除去、白紫のバウンスと不死が起動しにくくなっているためデッドリィバランスによる自発的な不死の起動用のカードも抜いています。

○ピックアップ
ヴィエルジェ
青龍杯でアルティメットを体感してから積み出したカード。このデッキのメインアタッカー兼非常時のライフ回復要員。
サンダーバードと合体させて壁にしておくだけで相手は攻撃を躊躇してくるようになります。
そしてトラッシュにトリスタンが落ちているなら自爆特攻をしかけに行ったりもします。

相手がブロックしないならライフを削れるし、BPで負けにくるなら1枚分のアドバンテージ、BPで勝ちにくるなら不死を起動してトリスタン召喚後自身は手札へと嫌な3択を迫れるのが強み。

五角形の砦
オーシン、アビス、ヒドラといった各種カードのメタと紫の召喚時1ドローもちを意識して入れてます。

フレイムスパーク
この前の大会に出た時に自分のターン中にリバイヴドローでオライオンを回収する余裕がなかった時があったので試験採用。

フェニックソード
このカードの採用は自分ではなく日本チャンプのゼロさんのパクリです。
コスト6なのでトリスタンを呼べること、相手のネクサスをまとめて破壊できること(これを不死召喚で持ってくると青玉が怖くなくなります。)、小型への対策として入れています。

長くなったのでこの先は
続きを読むからどうぞ
... 続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。