上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あくまで青緑を意識して作っているだけなので相性が必ずしも良いわけではありませんが、ある程度戦えるように組んでるつもりです。(いくら意識してると言っても最速でUシードラ出せれたら流石にねぇ…)

フォンニード3
北斗1
ゴマダラ3
ニンコウチョウ3
ダンデラビット3

ペンドラ1
バルカン1
フェニック3
ウスバ3
鎧袖ファイター3

ゾロ3
双翼3
バインディングルート3
タイムリワインド3
気弾1

戦場に息づく命3

「動かし方」
基本的には3コススピリットでコアブ→5コストブレイヴで除去の流れを行い相手のテンポを崩していく。
途中で1点だけライフを削り残りのライフはフォンニード+ウスバで削りきります。
相手が青緑の場合は必ず手札を増やすためにどこかでハンドリバースやナナフシのようなカードを使用するはずなのでバーストにバインディングルートを伏せてハンデスを狙えればそのまま圧倒できます。

「このデッキでの青緑に対する立ち回りについて」
●盤面が整うまでは無闇に攻めない
Uシードラを使わせないためには、相手のカードをブレイヴで除去してテンポを取らせない必要があります。
コアが1個増えれば、それだけスピリットを展開しやすくなるので必要以上の攻撃はしないほうが懸命。

●使用する除去カードは手札にすでにある後続を腐らせないようにする。
青緑で注意すべきカードはビヤーキ、カニコング、古代都市の3枚。
しかし、使えるコアと除去カードには限りがあるのがこのゲームの特徴。
盤面と手札を判断して場にあると自分が尤も困るカードに適切に除去を打つ必要があります。

●手札の枚数は常に持ちすぎず、尚且つ最低限必要な量を確保する
ナナフシ、ハンドリバースでの展開を妨害するために自分が持つ手札の量は最低限をキープするべき。
盤面が整っていて相手の手数が少ないのであれば戦場に息づく命の効果を使わないのも選択肢の一つ。

「改造するなら」
赤緑や白紫を意識するならバーストに封絶破や爆裂十紋刃を入れて召喚時のメタを張るのも面白いし確実に決めるためにリーフシードラの投入も良いでしょう。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://53834211.blog133.fc2.com/tb.php/660-cc2190a9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。