上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回の記事から3ヶ月ぶりの更新。
今度から真面目に更新しますと言ってもどうせ続かないので気が向いたらちまちま更新していくスタイルで。
(そもそも、いつも思うけど見てくれてる人いるんじゃろうか?)

更新が滞ってる理由がツイッターやっててそっちの方でブログで書きたいこと言ってネタ使いきってるから…。
そんでもって久々に更新した理由もツイッター絡みでブログ見てますっていうコメント貰ったから。
決してブログの存在忘れてた訳じゃないから(汗)

今日はデッキ構築のお話。
タイトルがちょっとおかしいのは仕様です。好きなラノベにあやかっているので「○○─或いは、○○の事」で統一して行きます。

カードゲームを行う上で必要なのが「デッキ構築」、「プレイング」、「引き運」の3つ。
「引き運」はプレイヤーの天性のものある意味これが強い人が結果残せるんでしょうね。
「プレイング」はある程度慣れてくれば来たカードと盤面の最適回を照らし合わせて行けば誰でもできるようになるもの。

プレイングは一定ラインに達すると差が開かなくなり、引き運はそもそも磨きようがないとなれば他の人と差をつけるのは最後の「デッキ構築」になります。

そこで重要なのが自分の主観を大事にしようってこと。
普通は客観的にみた最適を選択した方が良いと思われそうですが、それだけではない。

例えば、同じカテゴリーのデッキを作る場合でも「速度」「安定性」「爆発力」などのどれに寄せるかで構築が変わってきますし、自分のプレイスタイルに合わせた方が勝率は高くなります。

これらの要素はどうやって判断するの?ってなった時に他人が線引きした定石(客観性)じゃなくて自分がこうしたいという意思(主観)が大事になる訳です。

使いなれたデッキになって来ると感覚で分かる人もいるけど、初めての場合は戸惑うもの。
そんな時はどうするの?
①まずは大会の結果で上位のレシピを資料として複数調べる
②資料の傾向から採用率の高いカードでデッキを組む(3×13+1か3×12+2×2が理想)
③ひたすら②のデッキを回す
④そうすると自分にあった形(必要、不要のカード)が見えてくる
⑤過剰に来るカードや事故要員の枚数を減らして、必要なカードの枚数を増やす
⑥再びバトル
⑦④~⑥の繰り返し

これを繰り返してると多分テンプレから枠が少しずれて来るしその点で他の人から意見をもらうかもしれないけど、その場合でも自分の使いやすい形にすることが大事です。(但し、検証した上で必要と判断すればきちんと相手の意見も聞くこと。)

時々、初めて使うデッキなのに上位者のピン積みカードまで真似して完コピする人がいるけどあれはあんまり好きじゃない。

その枠はその人が独自の思考で見つけ出したオリジナルであり、あなたのデッキの味を出すための貴重な枠だからそのデッキを本当の意味で自分のものにしたいなら気軽に手をだすべきじゃないんですよね。(採用の意図がはっきり理解できている場合やたんなるスパーリング目的ならいいんですけど…)

という訳で今日の記事はここまで。閲覧ありがとうございました!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://53834211.blog133.fc2.com/tb.php/663-4623909e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。