上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あくまで青緑を意識して作っているだけなので相性が必ずしも良いわけではありませんが、ある程度戦えるように組んでるつもりです。(いくら意識してると言っても最速でUシードラ出せれたら流石にねぇ…)

フォンニード3
北斗1
ゴマダラ3
ニンコウチョウ3
ダンデラビット3

ペンドラ1
バルカン1
フェニック3
ウスバ3
鎧袖ファイター3

ゾロ3
双翼3
バインディングルート3
タイムリワインド3
気弾1

戦場に息づく命3

「動かし方」
基本的には3コススピリットでコアブ→5コストブレイヴで除去の流れを行い相手のテンポを崩していく。
途中で1点だけライフを削り残りのライフはフォンニード+ウスバで削りきります。
相手が青緑の場合は必ず手札を増やすためにどこかでハンドリバースやナナフシのようなカードを使用するはずなのでバーストにバインディングルートを伏せてハンデスを狙えればそのまま圧倒できます。

「このデッキでの青緑に対する立ち回りについて」
●盤面が整うまでは無闇に攻めない
Uシードラを使わせないためには、相手のカードをブレイヴで除去してテンポを取らせない必要があります。
コアが1個増えれば、それだけスピリットを展開しやすくなるので必要以上の攻撃はしないほうが懸命。

●使用する除去カードは手札にすでにある後続を腐らせないようにする。
青緑で注意すべきカードはビヤーキ、カニコング、古代都市の3枚。
しかし、使えるコアと除去カードには限りがあるのがこのゲームの特徴。
盤面と手札を判断して場にあると自分が尤も困るカードに適切に除去を打つ必要があります。

●手札の枚数は常に持ちすぎず、尚且つ最低限必要な量を確保する
ナナフシ、ハンドリバースでの展開を妨害するために自分が持つ手札の量は最低限をキープするべき。
盤面が整っていて相手の手数が少ないのであれば戦場に息づく命の効果を使わないのも選択肢の一つ。

「改造するなら」
赤緑や白紫を意識するならバーストに封絶破や爆裂十紋刃を入れて召喚時のメタを張るのも面白いし確実に決めるためにリーフシードラの投入も良いでしょう。
たまには自分でルールナビに聞いてみようということで電話してみました。

Q・堕落僧コクゴウの効果でコストが0として扱われている元のコストが4以上のスピリットカードはネクロブライトでコストを支払わずに召喚できるのか?

カード発売前はネザードヴァラルとアトライア海底国の裁定を例に出して出来ないんじゃないのか?という発言をネットでちらほら耳にしていたけど、実際はできるんじゃないの?と情報が交錯していたので確認してきました。
そんでもって結果↓

A・可能です。(回答:ハシモト様)

とのこと。これで安心して紫煙龍が使えます。
式神デッキも一緒に組もうかな~。

という訳で本日の記事はここまで。閲覧ありがとうございました!!
夕方っていつぐらいの時間を指すんでしょうね?
先方の連絡を待ちながらふとそんなことを思う今日この頃。

家で待機も飽きてきたので暇つぶしがてらブログの更新。
今日はタイトル通り新弾のカードを使ったデッキ紹介第2弾。(多分、続かない…)

発売日前日となりウィキにはテキストが全て表示され、ヤフオクなんかでも初動金額が出始めています。
ただ中には新規カード使いたいけそんなに予算投資したくない人も中にはいるはず。
ということで今回はこの条件でデッキを作成。

・Mレア以上のカードは使用しない
・なるべく新弾のカードを多めに採用すること
↓以下レシピ

デッキ名「妖怪のせいなのね?」

泥ターボ3
カシャネコ3
座敷ガール3
かっぱっぱ3
からかさマン3
一つ目ボーズ3

朧ギッシャー3

火球アタック3
絶甲氷盾3
イエローリカバー3
双光気弾1

マヨイ家3
星空の冠3
黄金の鐘楼3

今回紹介するのはご覧の通り妖戒デッキです。
系統の特徴としては元ネタが民話に登場する妖怪であること、破壊時効果を持ってるものが多いところですね。(というか出たばかりで語れるのがそれしかない…)

「ピックアップ」
泥ターボ
このデッキのフィニッシャー自分のスピリットと同じコストでなければブロック不可とする能力。
ブレイヴなどでコスト調整をしてやれば実質ノーリスクでクローク効果が手に入るのと同義です。

座敷ガール
ソウルコアが乗っているときに妖戒が召喚されると1枚ドローできるというこのデッキの手札補充要員。
逆に言えばソウルコアがないといけないので桃源郷の様に複数枚出して大量ドローというのは無理となっています。

「動かし方」
序盤はネクサスで軽減シンボルを稼ぎつつ座敷ガールの効果で手札を補充して必要なカードを集めていきます。
充分にシンボルが揃えば泥ターボを召喚してブロック不可の状態で数押しするも良し、朧ギッシャーを泥ターボに合体させてイエローリカバリーを絡めて一瞬にして4点取りにいくのもありでしょう。

「妖戒の印象」
登場したばかりというのも有りますが、如何せん手札補充が少ない。
そして最近の環境は召喚時のバウンスやBP破壊が横行しているので破壊時効果が狙ったタイミングで打ちにくいため安く組める半面使い勝手は悪いです。

ただ面白いカードは割りと多いので今後は耐性を与えるカードやフラッシュタイミングで不意に召喚できるギミックがあれば発展するのではないかと思います。
もしくは既存のカードで強化できるように黄色で言えば2コスと関連のあるカードが増えればなぁ。

それでは今回の記事はここまで。閲覧ありがとうございました~!!
新弾の発売日が近づいて来ましたね。一部の地域ではもうフラゲも始まっているみたいで大半の情報が公開されつつあります。という訳で今日はタイトルどおり新弾の今分かっているカードを使ったデッキをご紹介。

↓今回使うカードはこれ

身代之術
マジック
4(3) 緑
メイン:
このターンの間、自分のスピリットが破壊されたとき、相手のスピリット1体を疲労させる。
コストの支払いに[ソウルコア]を使用していたら、さらに、破壊された自分のスピリットすべては手札に戻る。
フラッシュ:
コストの支払いに[ソウルコア]を使用していたら、相手のスピリット1体を疲労させる。
(情報のソースはwikiより)


忍法変わり身の術!ではなくて…「身代之術」。
効果は簡単に言えばソウルコア使ってたら自分のスピリットが破壊されても手札に帰るよ~というもの。
ツイッターではこれ使えばデッキ破壊のループ行けるんじゃね?と話題のカードです。

ですが、今回はあくまでもライフを削って勝ちたい!って方に向けたレシピの紹介
(まあ、ループみたいな動きにはなるんですが…)

では以下レシピ

スピリット24
大提督クラウディウス3
雷鳴の海賊キッド3
海賊参謀セーファス3
海賊騎士ブレンダン3
副船長チェスター3
操舵手アイザック3
生還者バディ3
見習い海賊テリー3

アルティメット3
アルティメット・レーヴェン3

マジック10
身代之術3
ストロングドロー3
スワロウテイル3
気弾1

ネクサス3
三つ首竜の海賊旗3

「動かし方」
※コンボの解説のため相手の妨害がない(フラッシュの使用や壁となるスピリット等がいない)と仮定します。
1.場にアイザック、手札にキッドを揃える。(この組み合わせはバディ+キッド、ブレンダンorチェスター+せーファスでも代用可能)
2.メインステップでソウルコアを使用して身代之術のメイン効果を使用
3.アイザックで攻撃。バトル後招雷を発揮して手札からキッドを召喚
4.身代之術の効果で手札にアイザックが戻る
5.キッドで攻撃。バトル後招雷を発揮して手札からアイザックを召喚
6.身代之術の効果で手札にキッドが戻る
7.以降は3~6を繰り返して行う

以上がこのデッキでのメインでやりたいことになります。
まあ、当然防御用に高BPのスピリットが立っていたり、普通にパーツが全て揃うとは限らないので除去用にアルティメットレーヴェン、フィニッシャーにクラウディウス、招雷適応用に海賊旗、手札調整のためストロングとスワロウテイルを入れてます。

「改造するなら」
徹底的に身代之術を絡めたループ攻撃を狙うならとにかく相手の妨害を避ける必要があります。

そのためにバーストを封じる海魔巣くう海域やマジックに制限をかける俊星流れるコロッセオなどで相手の札に制限をかけたりグリードサンダーのバースト効果で手数を減らすのも有効です。

また、疲労ブロッカーや無限回復持ちの高BPが立つとライフが削れないので柱岩の海上都市をいれておくとでデッキ破壊が狙えるようになります。そこは環境に応じて調整すれば良いと思います。

「デッキ紹介にあたっての注意点」
※今回は新弾発売前の情報を元にデッキ作成を行っているため、発売後の裁定によってはコンボが成立しない可能性もありますのでその点はご了承下さい。

それでは今回の記事はここまで。閲覧どうもありがとうございました~!!
2015.03.16 大会レポ
大会レポ

参加場所:サンリブ五日市店
使用デッキ:尖塔コントロール

1回戦 緑アルティメット ○
フォンニードはストラングルフォッグで除去、アルティメットはトリガーカウンターで回避しつつひたすら相手の息切れするまでの耐久ゲーム。最期は手札が尽きたところをフルアタックで勝利。

2回戦 Uグリフォン ○
工場島はられてしにそうになったけど召喚時効果にあわせて乱舞と十紋刃を決めてなんとか耐久に成功。
相手の連続トリガーはキャノンボールでグリフォン破壊したり、ネクロブライトで回避してちまちまライフを削って勝利。

準決勝 調査員 ×
オーシンはマークオブゾロで消去した途端に沸いてくるエウロー…。
仕方ないのでエウローを尖塔の効果でバウンスした後にゾロで一掃。調査員ロロに乱舞あてて手札補充と粘ったもののエウローが2体揃ったあたりから完全に劣勢に。最期は数に押されて敗北。

3位決定戦 赤緑スペースゴジラ入り ○
相手は寺→スペースゴジラ→アリエスブレイヴという立ち回り。…おいおい、ちょっと待て!
ガン回りで死ぬかと思ったけど、ローゼンに乱舞を当てて引き込んだストラングルフォッグでコア除去してなんとか回避。
…まあしかし、ばっさりとなぎ倒されていくイブリース達。こうしてみると意外と強いなスペースゴジラ。
最終的にトリスタンの不死での壁を利用しながら数で押して勝利。

結果 3位
ちなみにここの大会は制限時間15分だったのですが、ほとんどの試合が時間に引っかかりかけてました。使い終わった後にはかなりの疲労と軽い偏頭痛が…。
参加者の皆様には大会の進行を遅らせて大変申し訳ありませんでしたとこの場で謝罪します。


4月からのロロ制限入りで尖塔コン終ったなと友人からよく言われるけど、まだまだ諦めない!
前にも書いたことあるけど、環境の変化ごときで諦めるならデッキに対する愛情が足りないというのが個人的見解。

本気で勝ちにいくなら環境にあったデッキに鞍替えした方が賢いのは重々承知してすし、最近まで尖塔で勝てるビジョンが全然見えなくて調整しては崩してこのレベルじゃ大会で使えないと絶望していたから今回の結果はまあまあ満足。

それから後輩に入手を頼んでいた念願のルチルが手に入ったのでまた新しくデッキを調整して使いたいな~。

今日の雑感
・意外と強いスペースゴジラ(構築諦めてたけど組みなおそう!)
・調査員は気をつけないと耐久力が馬鹿にならない。(一回場を更地にしたのに…)
・デビッドシザーのシンボル変換は全てのアルティメットが対象(すっかり忘れてました、恥ずかしい…)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。